生き方029:障害を取り除こう001

★防衛をやめれば楽になる 

https://www.facebook.com/note.php?note_id=335989873147630

 

「自分を守らないといけない」という思いが強いと、それだけで疲れてしまいます。

 

実は、防衛が強いほど攻撃の対象になりやすく、守るのをやめてオープンにしていれば逆に攻撃は避けられるのです。

 

ドッジボールでは、やたらと逃げ回っている子どもは、背中を見せて真っ先にあてられてしまいます。ゆったり身構えていれば、やたらと攻撃されないし、受け止める用意も出来るというものです。

 

あなたの守ろうとしている態度が、余計に攻撃者を呼び込んでしまうのです。

 

一方で、守るのをやめて自分をオープンに出来ていれば、隠す必要も無いのでゆったりと構えていられます。

 

実は、守らないといけないという思いは、内面に隠している痛みを感じないようにしようとする防衛なのです。

 

確かにそれを思い出すのは辛いのかも知れませんが、だからと言ってそれを『戸棚の骸骨』にしてしまっては、余計にやっかいなものを抱え込むことになってしまうのです。

 

過去の痛みをしまい込まずに、さらけ出してしまう気になれば、それは思っているほどやっかいなものではなかったことが、わかってくるでしょう。

 

どうしても隠さないといけない事など、そうそうあるものではないでしょう。

それよりも、隠そうとすること、防衛しようとすることが、それを元々の存在よりも巨大なものに変えてしまうのです。

 

しかしオープンにしたとしても、攻撃されるかも知れません。

その時は、それがもたらす痛みをしっかりと受け止めてみることです。

 

それは、過去の痛みを先延ばしにしていたからかも知れません。

しかし今それを受け止めることで、それは消え去ります。

 

この先も、ばれるのを怖がる必要のないものに変わってしまうのです。

そもそも、そんなに頑張って隠し続けてくる必要などなかったと感じるかも知れません。

 

隠すこと、防衛すること、逃げることが、怖さを作り出すのです。

誰かが怖がれと言ったとしても、あなた自身の感じ方を信頼しましょう。

対象をそのままの大きさで評価すれば、怖いものなどないのです。

 

怖がらずにオープンになれたとき、それがもたらすものは痛みなど遙かに凌駕するものだったと気がつくでしょう。



★自分には資格がない 

https://www.facebook.com/note.php?note_id=335545069858777

 

なんとなく「自分には資格がない」という思い。

 

それは、あなたが人生で欲しいと思いながら、手に入らない、自分には縁がないと思っているものと繋がっています。

 

「自分には資格がない」という思いは、別名「罪悪感」です。

 

この不足しているという思いは、自分で押し込めているので、「自分には資格がない」とか恐れ多いことだと思って正面から考えようとしません。

 

しかし、不足しているという思いは感じていますから、形を変えて表現されたりします。

 

多くの場合、あなたの家族やパートナーが、それを叶えてくれるべき人だと信じようとします。

 

「あの人がこうしてくれさえすればできるのに、私の思いは叶うはずなのに」と言ってその人を責め立てるのです。

 

わたしが望みを叶えられないのは、この人達が悪いんだと思って、矛先を変えているのです。

 

 

「自分には資格がない」と思うのは起源になる出来事があったのかも知れません。

 

子どもの頃は、充分な判断力がないので、たわいのないことで自分を責めるようになったかも知れません。

 

自分のせいで何かが失敗したりすると、それに関連したことを自分はもうやってはいけないのだと思い込んでしまうのです。

 

「もう絶対にやりません」とまわりに表明し、今もそれを続けようとしている自分がいるのです。

 

それに対して許可を与えてあげられるのは、あなた自身が一番であり、そして唯一の存在かも知れません。

 

子どもの頃の固い決意に対して、あのときは自分で出来なくても仕方なかった、自分には罪はないのだと言ってあげられるでしょうか。

 

わけもなく自分には関係ないと拒絶していること、自分に出来るわけがないと口にしていることに反論してみましょう。

 

それが本物なら、それに挑戦したがっている自分が顔を出してくるでしょう。

今なら、客観的に可能性を判断できる自分がいます。

 

資格など自分が与えれば誰でも持てるのだと思って見ましょう。

客観的に自分には無理なのか、単なる思い込みから諦めているのか、今なら自分で評価し直すことが出来ます。

 

それにくっついてくる嫌な思い=罪悪感に負けてしまわないで、コツコツとそれに挑んでみましょう。

本当に必要なものなら、それは必ず応えてくれるはずです。


 


※続きはダウンロードしてお楽しみください。

ダウンロードリンク
※ユーザー:life  パスワード:hint を入力





☆~こちらででご相談サービスが受けられます。⌒☆

サービス10~心の支えが欲しい、拠り所を求める方へ~その時実際には何をしようとしているのだろう?|元気になる方法|ココナラ

サービス9~ブログを始めたいけれどなかなか続かない、時間が取れないという方へ|文章に関するコツ・ノウハウ|ココナラ

サービス8~この絵何に見えます?~そして見なかった背景に隠れているものは?|心の悩み・メンタル|ココナラ

サービス6~ゲシュタルトの祈り~私は私と言い切れたらどんなにいいだろう|心の悩み・健康|ココナラ

サービス5~勝ち犬と負け犬のゲーム~最後は負け犬が勝つからくりとは?|心の悩み・健康|ココナラ

サービス4~人間関係の3つの役割(迫害者・犠牲者・救助者)私はどれ?|心の悩み・健康|ココナラ

サービス2~一方的に攻撃してくる人に対応するには(モラハラ・パワハラ)|心の悩み・健康|ココナラ

サービス1~人間関係の悩みや、このままの私でいいのだろうか?自信が持てない。ちょっと一押しが欲しいなと思ったら|心の悩み・健康|ココナラ